ポケモンGO コバルオン対策(初心者向け)

投稿者: | 11月 9, 2020


こんにちはtatuです。

今回も11月17日から開催される三闘の内の1体、

コバルオンの初心者向けの対策ポケモンをご紹介しようと思います。

コバルオンは耐性がたくさんある「はがね」タイプも含むので、

やや対策ポケモンを揃えるのは少し難かもしれませんが、

まったく揃えられないわけでもないので、ご紹介いたします♪

 

1.バシャーモ

はい、また出ました。笑

このポケモン「ほのお」タイプを持っているので、「はがね」には強いのですよね。

しかも「かくとう」タイプも持っているので、効果抜群です♪

こうやってよく見ると足も長く格闘家っぽくみえるような見えないような。

対コバルオンに対しては、技の構成は「ほのお」でも「かくとう」でも、

どちらでも対応できるので、タイプ相性とかわからない人は、

わざを変えたりせずそのまま使用することもできます!

 

2.リザードン

こちらも「ビリジオン」の時にご紹介しましたね。

やはり「ほのお」タイプというのが良い点であり、

メガレイドで現在出現中でもあり、

野生で「ヒトカゲ」が普通に出現するので、

アメが集めやすいという利点があります。

こちらの場合は技は「ほのお」技に揃えてもらえば使用できます。

そのままで使用したとしても火力はあるので十分使用できるでしょう!

これら2匹がオススメに上がってきたということは・・・・まだいますよね?笑

 

3.ブースター

はいそうです、イーブイの進化系ブースター。

今回は3闘一気に出現するようなので、

そんなにアメも無いしコストかけられないって方は、

ビリジオンでも使用できる「ブースター」に進化させておくとよいと思います。

そうすれば、コバルオンでも活躍することができます。

 

4.バクフーン

さっきから見ての通り「ほのお」タイプが乱立しております。

今のTVコラボのイベントで野生の「ヒノアラシ」がちょいちょい出現していますが、

彼をゲットしてアメを集めて2回進化させるとこの「バクフーン」になります。

防御は弱いほうなので耐久が微妙かもしれませんが、

攻撃力は高いので「ほのお」わざで弱点をとることができ、

ダメージを与えれるでしょう。

ちなみにアメは「ヒノアラシ」から「バクフーン」に進化させるのに、

125個必要になりますが。

 

5.ゴウカザル

こちらも「ほのお」タイプになりますが、

先ほどのバクフーン同様、進化前の「ヒコザル」が野生でよく出現します。

またバシャーモと同様に「かくとう」タイプも持ち合わせているので、

コバルオンに効果抜群をとることができます。

バシャーモやバクフーンと比べると、

ポケモンGOの中ではあんまり使っている人がいないですが、

初心者のうちでポケモンが揃えられない人は、

こういった身近なポケモンから収集して育てるのが良いと思います。

 

6.ヘルガー

現在このポケモンはメガレイドでも出現中の「ほのお」タイプなのでオススメです。

そのままメガレイドで討伐しゲットすれば、

普通形態のままでも、まぁまぁ高いヘルガーもゲットできますし、

メガシンカして使用することができれば、攻撃力も増してダメージを与えられます。

ただ、「あく」タイプが入っているのでかくとう技で攻撃されたら弱いですけどね。💦

メガシンカしたヘルガーって見た目カッコいいですよね♪

 

7.コバルオン・ビリジオン・テラキオン

今回も出てきました、「目には目を歯には歯を」作戦。

テラキオン同様に全ポケモン「かくとう」が入っていますので、

かくとう技で攻めることができればよいでしょう。

ビリジオンの時はなぜ紹介しなかったかというと、

単純に効果抜群を取ることができないからです。

 

今回は以上となります。

固い固い「はがね」タイプを持つポケモンだったので、

ほとんどのご紹介が「ほのお」タイプのポケモンになりました。

 

さすがにルギアは登場しませんでしたね。笑

「はがね」タイプには攻撃が効かないんですよね。

このコバルオンは三闘のなかでも、

「せいなるつるぎ」という便利な技を覚えるので、

ぜひレイドバトルとゲットチャレンジに挑戦してみてください!

 

それではまた、see you!

▼▼▼その他の三闘対策ポケモンを見たい方はコチラ▼▼▼

・コバルオン(初級者 / 中級・上級者)
・テラキオン(初級者 / 中級・上級者)
・ビリジオン(初心者 / 中級・上級者)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)